スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
【天皇賞・秋】予想
先週まで外差しが有効だった東京芝コースですが、今週に入ってBコースに替わり、馬場状況に変化がおきているようです。時計は軒並み好時計、そしてやはり上がり3ハロンのタイムが速いですね。馬場も内側の方が良さげですね。引っ張る馬がコスモバルク辺りならペースが緩み、恐らく33秒台の末脚が必要になってくるでしょう。33秒台の末脚を使えそうにない馬はバッサリ斬りますよ。枠も内枠を優先します。

本命はウオッカ。この馬はスローでも切れますが、地がマイラーですから消耗戦の方が強いんですよ。だから前走の前哨戦のような緩いペースでは取りこぼしてしまうケースがあるんですね。昨年のヴィクトリアマイルなんてまさにそうでしょう。毎日王冠の敗退は気にする必要はありません。問題は出来がどうなのかです。この馬は馬体が黒ければ走ると冗談で言っているのですが、明日は何色でしょうか(笑)。まぁ、ペースが緩んでも周りの馬は勝負付けが済んだ馬ばかりで3着は外さないでしょう、相当の不利を受けなければの話ですが。

対抗はカンパニー。毎日王冠の勝ち馬です。この馬、東京コースは1-0-1-9と一見苦手にしているように思えますが、実はG1の安田記念で5着、4着、天皇賞で4着、3着しているのです。確かに瞬発力に長けており短い直線コースの方が得意なのですが、今や東京コースもこなせます。そして現在の上がりの速い馬場で毎日王冠のような瞬発力比べになれば再度勝てるチャンスがあるかもしれません。

単穴はスクリーンヒーロー。昨年のJC馬でウオッカに先着しています。その後のG1成績は有馬記念5着、天皇賞春14着、宝塚記念5着と情けない成績。ただ何れも消耗戦になってしまい持ち味の瞬発力が生かせませんでした。確か北村君の初G1奪取がダンスインザムードのヴィクトリアマイルで1枠発走でしたよね。内枠が得意な騎手と聞いたことがあります。

△にヤマニンキングリー。年始の金杯後に馬体を見て今年注目の一頭だと発言したのですが重賞を4戦連続連対。G2の札幌記念ではあのブエナビスタを破る金星を挙げました。ただ、この時のマイナス体重が気になるんですよね。それが尾を引いての前走の惨敗ならスランプが長引くかもしれません。父アグネスデジタルはスランプに何度も打ち勝ってG1を6勝したのですが、この馬も結構強いと思うんですけどね。

×にスマイルジャック。この馬も昨年のマイルCS本命馬で、私のいない隙に関屋記念を勝ってくれました。まぁ、それ以前にダービー2着馬なんですけどね。折り合いに不安がなくなってきましたし、それなら距離はこなせますよ。

◎ウオッカ
○カンパニー
▲スクリーンヒーロー
△ヤマニンキングリー
×スマイルジャック
予想 | comments(0) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://boonyanworld.jugem.jp/trackback/521
Trackbacks
東京11R 天皇賞(芝2000)◎ウォッカ○カンパニー▲ドリームジャーニー△オーケンブルースリー△シンゲン△サクラメガワンダー△アドマイヤフジまあ、あえて◎ウォッカに逆らうこともあるまい。仕上がりは確かに今一歩の感もあるが・・・相手はもちろん○カンパ
| にたろうの退屈な日々 | 2009/11/01 9:26 AM
ハシッテホシーノだのエフティマイアだの挙句の果てにポルカマズルカだの、北新地の倉坊氏に言わせれば「本気で当てる気あるんかいな」ってな買い方に始終していたここ数ヶ月。解りました、捻り過ぎるのはのはもうやめにします。心の底から素直になります。今までの愚行
| カンマネの安心できるかわからないブログ | 2009/11/01 2:34 PM
アマゾンは便利ですよね!
RECOMMEND
シービスケット―あるアメリカ競走馬の伝説
シービスケット―あるアメリカ競走馬の伝説 (JUGEMレビュー »)
ローラ・ヒレンブランド, 奥田 祐士
実話は映画よりも遥かに壮大なストーリーです
Recent Entries
Recent Comments
Search this site :
ブーニャンです!