スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
人と違う買い方をする
私は最近条件戦はパドックを見て予想しています。楽しいから実施するわけですが、現状、収支的にみれば、足を引っ張る存在であることに間違いありません。先日は競馬ビートのパドック解説のあり方に文句を言いましたが、私は何か勘違いをしているのではと思うんです。馬を見れる人なんて山ほどいます。だからパドックに人だかりができるんです。そしてレース前になると気配の良かった馬のオッズが下がりますね。結果はどうあれこういうケースはよくあります。私はパドックでできることなら穴馬を探すことに努めていますが、どうしても気配の良い馬は人気サイドのケースが多く、買い方としてあまりほめられた買い方ではないのかなと。人気の馬券を購入するということは的中率を上げなければならず、玄人向きの買い方になります。ただ人気の馬券を買うという行為は周りと同じ買い方をしているということです。競馬は負け組が多いのが必然。それなら周りと同じ買い方をして負けるのも必然なんですよ。パドックを見て馬券を購入する行為は楽しいですが、毎週競馬する身からしたらあまり相応しい買い方ではないのかなと。まぁピンポイントで当たることもありますので、その快感がまた気持ちいいわけで、もう少し試してみようと思います。

人と違う買い方をする。つまり穴を狙うという買い方が、統計学的に見ても勝利に近づく道だとはっきりしています。そういう意味で血統を重視して購入する買い方は穴狙いに相応しい買い方です。いまや血統はデータです。それぞれの血統の得意コース、得意な展開があり、それをデータで集計するソフトがあります。先日内部情報など当てにならないと言いましたが、皆が知ることができる関係者のコメントなどで競馬を判断することは周りと同じ考えで競馬に接することになり、それは人と違う買い方をすることとは反対の行為です。私が新聞を買ってまず読まないのが関係者のコメント、前走の着順、タイムですね。これは若い頃は一番重視していたポイントかもしれません。ただこれは周りと同じ買い方をするという意味では負け組への第一歩と言っていいでしょう。タイムに関しては上り3ハロンやテンのタイムは重視します。ラップタイムは私は詳しくありませんが、興味はあります。パドックを見て馬券を購入する行為も実は玄人っぽいが、周りと同じ買い方なのかなと感じることがあります。

まぁ、基本的には穴狙いの線でいきたいということです。当然本命狙いよりも的中率が下がります。ただ外れることを怖がっては穴狙いはできません。ここのところ外れることが怖くて、それが原因で思いきった印を打てませんでした。リスクとリターンのバランスを考えて馬券フォームを考えて、斬る理由がある人気馬はバッサリ斬るという姿勢を崩さずにいこうと考えています。




その他 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Posted by 株の買い方 | 2011/10/21 12:40 PM

今は当時の自信がめっきり剥げ落ちてしまいましたが。。

そうですか。
嬉しいです。
また遊びに来てください!
Posted by 蒼海颯太 | 2011/10/21 6:53 PM

Post a Comment










Trackback URL
http://boonyanworld.jugem.jp/trackback/566
Trackbacks
アマゾンは便利ですよね!
RECOMMEND
シービスケット―あるアメリカ競走馬の伝説
シービスケット―あるアメリカ競走馬の伝説 (JUGEMレビュー »)
ローラ・ヒレンブランド, 奥田 祐士
実話は映画よりも遥かに壮大なストーリーです
Recent Entries
Recent Comments
Search this site :
ブーニャンです!