スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
ドバイワールドカップ
ドバイワールドカップで見事、日本馬のヴィクトワールピサが優勝してくれましたね。このタイミングで来るか、という運命的なものを考えずにはいられません。日本陣営の一丸になっての勝利。感動しました。おめでとうございます。そして2着にもダート王者トランセンドが粘りに粘って、ワンツーフィニッシュですよ。世界最高峰のレースで日本馬は初勝利ということになりますね。日本馬も強くなったものです。

冷静に振り返ってみると、スローペースの前残りで展開がはまったということでしょうか。有馬記念馬のヴィクトワールピサとダート王者のトランセンドがワンツーというのはやはり何か違和感がありますね。よくドバイのAWはスピードのある芝馬が有利と言われており、今回のトランセンドが2着に粘ったことについて、トランセンドはダート馬ながらスピード寄りの馬なので云々と言う話を聞くのですが、この2頭が日本の馬場で1/2馬身差の勝負を芝レースでするかと言えば、ないんじゃないかな、と。あるとすればスピード寄りの東京ダート1600m辺りかな、と思うわけです。となると、芝馬の方が合うのでは、という意見も少しピントが狂っているのではと思えてきますね。勝ちタイムも2000mで2分5秒台ですからね。

この辺りの分析は来年以降の為にも、識者が議論すべきことでしょう。ヴィクトワールピサが勝利したことにより、芝馬の方がドバイのAWに合うんだと簡単に言い切ってしまうことに疑問を感じています。
その他 | comments(0) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://boonyanworld.jugem.jp/trackback/653
Trackbacks
世界最大級の競馬の祭典「ドバイミーティング」が、日本時間27日深夜、ドバイ(アラブ首長国連邦)のメイダン競馬場にて行われました。この祭典のメインレース、世界最高峰の国際GI競走「ドバイワールドカップ」には、昨年の年度代表馬・?ブエナビスタ、グランプリホ
| 日刊魔胃蹴 | 2011/03/28 3:23 PM
 ドバイゴールデンシャヒーンまでは見ていましたが、寝てしまいました。てことで生で見損なったんだけれど、朝起きてヤフーのトップページを見ると、「ドバイWC ヴィクト日本馬初V」の文字が。背筋がぞくぞくした。鳥肌が立った!1着 ヴィクトワールピサ2着 トラ
| にたろうの退屈な日々 | 2011/03/28 10:55 PM
アマゾンは便利ですよね!
RECOMMEND
シービスケット―あるアメリカ競走馬の伝説
シービスケット―あるアメリカ競走馬の伝説 (JUGEMレビュー »)
ローラ・ヒレンブランド, 奥田 祐士
実話は映画よりも遥かに壮大なストーリーです
Recent Entries
Recent Comments
Search this site :
ブーニャンです!