スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
【オークス】予想
入院中の脳みそにカビが生えている頃でさえ、「競馬で勝ちに行くことと当てに行くことは違うんじゃないか」と私は言っていました。しかし振り返ってみると、昨秋からの不調の原因は、まさに上記の言葉を実践して、当てに行くことをせずに勝ちを狙った結果じゃないのか、と思うわけです。具体的に言うと本命馬に、勝ちそうな馬を据えるのではなくて、ちょっと怪しげな穴馬を据えていたんですよ。その結果、人気馬を本命にしていたら簡単に獲れていた馬券じゃないか、と終わってから地団太を踏んでいたわけです。つまり、私の穴馬選択の精度が低かったということですよ。そんな事に気づいたと思ったら、本命戦と噂されるオークスが待ち受けていました。ちょうどいいじゃないですか。やってみましょう。

オークスは基本的に桜花賞組を狙えばいい。そして桜花賞の施行される阪神1600mが外回りコースになると、桜花賞とオークスは結果が直結するようになってきました。今年の桜花賞を振り返ると、綺麗なまでの外差し決着でした。ただ、ペースがめちゃくちゃ速かったわけではなく、外差し馬場でもなかったわけで、そのまま実力差が出た結果だろうと考えています。それならオークスも桜花賞1着馬マルセリーナと2着馬ホエールキャプチャで堅いのではないか、と。

本命はどちらかでいい。桜花賞好走馬でオークスでこけるタイプはスピード型の先行馬、そしてスローペースに引っかかる馬ですよね。私は桜花賞を好走して、オークスでの距離延長が血統により不安視されて人気が落ちる馬は買いだと思っています。ニホンピロウィナーが来たぐらいですからね。2頭を比較するとマルセリーナは父がディープインパクトも母、母父ともにマイラーです。ホエールキャプチャは父クロフネが距離不安も母系は2400mに耐えるスタミナがありそうです。どちらも血統に不安がないことはない。ただ、上記に記したように、血統面はそれほど不安視する必要はないか、と。

問題のかかり癖です。桜花賞でマルセリーナは出遅れ気味のスタートの後、少し首を上下させ、引っかかり気味でした。ホエールキャプチャは外からスムーズに運べているようです。道中はマルセリーナは内、ホエールキャプチャは外々を回っていました。つまり、実質、長い距離を走っているのはホエールキャプチャというわけです。本命は決まりました。ホエールキャプチャです。

◎ホエールキャプチャ
○マルセリーナ

オークスの出走表を眺めてまず最初に思ったことが、今年のメンバーはかなり層が薄いなということです。それなら2勝馬のグルウェイグが展開の助けを借りれば、馬券圏内来る可能性もあるんじゃないか、と思えるのです。確かに私はエルフィンSを見て、今後1番人気でなければ買い続けたいと漏らしました。しかし兄のルーラーシップでさえ、ダービーは間に合わなかった、完成の遅い血統なわけです。馬体を見たら良血馬特有の垢抜けた雰囲気がありますし、馬体は小さいもののバランスが良く、全身バネのルーラーシップに似ているとも思います。ただ筋肉は付き切っているとは言い難いです。先行して展開の助けを借りればチャンスはある。3番手に押します。

▲グルウェイグ

後2頭に印を打ちますが、穴目を狙います。いずれも阪神1600m重賞に実績があり、人気の盲点になっている馬です。ライステラスは阪神JF3着、メデタシは桜花賞4着にもかかわらず人気がありませんね。阪神1600mはオークスと直結するのなら侮れないでしょう。距離延長でマイナス材料もそんなにないですし狙ってみます。

△ライステラス
☆メデタシ





予想 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://boonyanworld.jugem.jp/trackback/659
Trackbacks
アマゾンは便利ですよね!
RECOMMEND
シービスケット―あるアメリカ競走馬の伝説
シービスケット―あるアメリカ競走馬の伝説 (JUGEMレビュー »)
ローラ・ヒレンブランド, 奥田 祐士
実話は映画よりも遥かに壮大なストーリーです
Recent Entries
Recent Comments
Search this site :
ブーニャンです!