スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
[結果メモ]オークス
デュランダル産駒からオークス馬かぁ。

いやエリンコートは買いたいと思っていたし
父デュランダルでもオークスはそもそもマイラーが来るレースだし
それまでのレースからむしろスタミナタイプと捉えていたんだ。
だから土曜日の東京芝コースをみて
かなり上がりの脚が要求されているので
逆にスピード負け、斬れ負けするんじゃないか、と思って消しに至った。
だけど直前の雨がねぇ、やっぱり味方したんじゃないか。

2着のピュアブリーゼは逆に血統で押せる馬で
大外枠だったし、こちらも斬れ負けするとみて買えなかったんだ。
直前の大雨を見た後に馬券を購入していたら、ワイドは拾えていただろうと思う。
残念だ。

ホエールキャプチャはやはり出遅れが響いたか。
でもその直後のリカバーは良かったと思うよ。
池添ジョッキーは大舞台で信用できるジョッキーになったね。

アンカツ、マルセリーナに関しては、やはり溜め殺し感はあるな、と。
あれだけ4コーナーで大外を回ってしまってはね。
この馬は瞬発力タイプだと思うので
直前の雨もマイナスだったか。
時計の速い馬場の方がいいと思う。
パドックで見せていた
あの後肢の踏み込み方は好きだな。

期待したグルウェイグは残念な結果だった。
センスはあると思うので成長待ちだね。
【単勝修練道場】[結果メモ] | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://boonyanworld.jugem.jp/trackback/660
Trackbacks
2011年の牝馬3冠シリーズ第2戦・第72回オークス(優駿牝馬 芝2400m・18頭立て)が22日、東京競馬場で行われました。樫の女王を決めるこのレース、昨年はアパパネとサンテミリオンが1着同着となり、「GI史上初の同着優勝」という出来事が起こりました。今年は桜花
| 日刊魔胃蹴 | 2011/05/23 2:56 PM
アマゾンは便利ですよね!
RECOMMEND
シービスケット―あるアメリカ競走馬の伝説
シービスケット―あるアメリカ競走馬の伝説 (JUGEMレビュー »)
ローラ・ヒレンブランド, 奥田 祐士
実話は映画よりも遥かに壮大なストーリーです
Recent Entries
Recent Comments
Search this site :
ブーニャンです!