スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
【有馬記念】予想
知らなかったんですけど、今日はChristmas Eveですか?クリストマスと読むんですかね。英語は苦手なのでわかりませんよ(苦笑)。クリストマスってなんなんですかね。。

さて、2011年の競馬界のオーラス、有馬記念です。

今年の個人的な成績は酷かったですね。ネタにもしましたが、昨年の秋冬シーズンのG1戦はなんと全敗。そして、その勢いはとどまることを知らず、2011年春シーズンG1戦も全敗を記録したわけです。その間、挑んだレース数は21。G1、21連敗は競馬を始めて最長記録でした。

この間は本当に勝つ気がしませんでしたよ。どうしたら当たるのか見当もつきませんでしたね。安田記念で3歳馬のリアルインパクトが勝利し、このNHKマイルC3着馬の勝利が、夏場は全休養するという決断を促してくれました。

秋冬シーズンは秋華賞で連敗ストップさせ、その後は天皇賞、マイルCSと穴馬券をGETすることが出来ました。今年のG1成績だけを見るならばマイルCS終了時では浮きすらありましたね。ただ、その後は連敗し、G1だけを見るならトントンも、全収支は大幅なマイナスです。例年通り、有馬記念で逆転を狙います。

予想です。

JC終了時に今後ヴィクトワールピサに注目したいと綴りました。ひょっとしたらJCを最後に引退するんじゃないかという思いもありました。しかし有馬に参戦するということになれば、後の種牡馬戦争の為にも惨敗は許されないわけですから、背水の陣になる。おそらくハード調教を課して、最後に仕上げてくるだろうという読みがありました。そういう意味で注目していたわけです。

JCのパドックを見たところ、その姿は覇気がないように写りましたが、体に悪いところはなさそう、出来を上昇させれば、まだまだ走れるだろうという判断を下しました。

中間はやはりかなりの負荷をかけてきたようです。追い切り後のデムーロ君のコメントでは、前回の出来が80%なら今回の出来は95%ということでした。パーフェクトの仕上げとは言えませんが、それなりに体勢は整ったのではないでしょうか。

昨年の有馬記念の覇者で、中山コースは4戦4勝。前走の大敗で人気を落とすようなら、条件の好転する今回は間違いなく買いのパターンです。本命にします。

◎ヴィクトワールピサ

対抗は3歳馬のオルフェーブルにします。何といっても三冠馬がその年の有馬に出走したら、馬券に絡まなかったことはないんじゃないですかね。ただ一つ例年の三冠馬と違うのは、中山の皐月賞を経験していないということです。三冠馬は、その三戦で様々な適性が問われるので、オールマイティな能力を持っていないとなれないわけです。ところが今年は皐月賞が東京開催だったので、オルフェーブルは小回り適性にいまだ疑問があるんですよね。今年の3歳馬は全体的に見てレベルが落ちるんじゃないかという個人的見解をまだ持っていますし、もちろんオルフェーブルは3歳馬の中で飛びぬけて強い馬ですから、世代レベル云々と難癖つける必要はないかもですが、まぁ中心視はしません。

〇オルフェーブル

あとは10年来の腐れ縁の女の子が、ヒルノダムールと言っていました。ヒルノダムールは皐月賞2着馬ですし、大阪杯を見ても小回り適性は十分でしょう。ローテは凱旋門賞からということになりますが、このローテは悪いわけではないんですよね。

▲ヒルノダムール

今回の馬券作戦ははまた例のオッズ作戦で馬連を買って、逆転劇は3連単で狙おうかなと考えています。当日まで悩みたいので、今回の予想は3頭までの印とします。ブエナビスタに印を打ちませんでしたが、本線では買いませんが、もちろん相手には入れるつもりです。

それでは、よいクリスマスを。
予想 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://boonyanworld.jugem.jp/trackback/674
Trackbacks
アマゾンは便利ですよね!
RECOMMEND
シービスケット―あるアメリカ競走馬の伝説
シービスケット―あるアメリカ競走馬の伝説 (JUGEMレビュー »)
ローラ・ヒレンブランド, 奥田 祐士
実話は映画よりも遥かに壮大なストーリーです
Recent Entries
Recent Comments
Search this site :
ブーニャンです!