スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
予想屋にひっかからないように。
巷にはジャーナリスト、記者と呼ばれる人達がいるが
最近の風潮こそどうであれ、世の中では信用されている部類の人達であろう。
このジャーナリスト、記者の中で最も信用されていないのではないか
と思える人達がいる。それが競馬記者だ。

競馬記者の予想的中率は50%はまずない。30%も厳しいんじゃないかな。
半分以上外しているのに専門記者と呼ばれる。
そんな業界は競馬ぐらいしかないんじゃないか。

長年の競馬ファンは馬柱を見るだけで、大体の人気はわかるんだけど
競馬に詳しくない人は、この記者の中でも最も信頼できないであろう
競馬記者の印を参考にして購入するわけだ。

ここで、ちょっと競馬の仕組みを簡単に話すと
レースの売上金の中からまず控除率が引かれる。
その引かれて残った分を馬券で勝利した人達に分配する。
要するにもっと簡単に言えば
競馬ファンがお金を場に出して、それを奪い合うということ。

売上によってオッズが変化してくる。
売れた馬のオッズは安くなり、売れない馬のオッズは高くなる。
競馬記者が予想印を打つことによって
それに影響されるファンは印の打たれた馬の馬券を購入し
当然、その馬の人気が高くなり、オッズは安くなる。
競馬玄人はそこを突くわけだ。
競馬記者の印を丸飲みしてはいけない。
常に配当妙味を考えて馬券を購入する。
これは人と同じ買い方をすれば勝つことはできないんだよ、ということ。

記者の中で最も信頼できない競馬記者の予想を信じてはいけない。
予想は反対から読めば「うそよ」なんだよ。
プロと言われる競馬記者ですらそうなんだから
予想会社なんて信じたらダメ。
予想とレースを楽しめる人でないと競馬はするべきではない。


その他 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://boonyanworld.jugem.jp/trackback/681
Trackbacks
アマゾンは便利ですよね!
RECOMMEND
シービスケット―あるアメリカ競走馬の伝説
シービスケット―あるアメリカ競走馬の伝説 (JUGEMレビュー »)
ローラ・ヒレンブランド, 奥田 祐士
実話は映画よりも遥かに壮大なストーリーです
Recent Comments
Search this site :
ブーニャンです!